ワキサカップ2020 結果発表

ご応募いただいた皆様、ありがとうございます!

予定よりも早いですが、ワキサカップ2020の結果発表です!

優勝は!!!

エントリーNo.3

おめでとうございます!!!

応募者全員がそれぞれに挑戦したいることがあり、オリジナリティーある作品でエントリーしてくれた方もいましたが、応募の動機なども含めて決めさせていただきました。

今回は未来を感じることという、ザックリとした判断基準しかない中で、努力されていたと思います。

ここで少しだけ、このコンテストの狙いをお話しします。

未来を感じること、というどうのようにも捉えられる基準設けたことには理由があります。

観客の前でマジックを演じていると、ニーズを探る必要が出てきます。

それは多くの場合ハッキリしていません。

観客は単に「おもしろいマジック」という一言で表現しますが、「おもしろいマジック」は無数に存在します。

なぜなら、「おもしろい」の判断基準が10人いれば10人とも違うからです。

それでも、観客が求めるものに答えを返さなければなりません。

そして、これはコンテストでも起きてしまいます。

新規性のある、伸びしろのある、オリジナリティにあふれた、不思議さ、ユーモアさ、キャラクターの魅力、多種多様のものが求められる上に、何が答えかは決まっていません。

そういった、ハッキリとわかっていないものに挑戦することが、マジックを続けていくと出てきます。

それを読み解く練習のつもりで、今回は未来を感じるとさせていただきました。

私が求めたものは、自分自身の未来や、自分が残した作品に、本人自身が未来を感じているかどうかでした。

賞品を資料に限定したのもそのためです。

手に入れた資料をいかにして未来に生かすのかを考えられていたかどうかを見ていました。

しかし、そればかり考えていて、手順自体が進んでいる未来と関係ないものだと意味がありません。

事前に説明していませんので、後出しじゃんけんになってしまいますが、当初の目的をお話しさせていただきました。

ご応募していただいた皆様ありがとうございました。

優勝していないからダメ、というわけではありませんし、私の意図に合致していないからダメというわけではありません。

挑戦するという大きなハードルを越えたということは、それだけで大きな力を持っています。

今後もマジックに対して、どんどん挑戦していってほしいと思います。

この度は本当に、どうもありがとうございました。

ワキサカカップ2020 エントリー動画

ワキサカップ2020のエントリー動画が出揃いました!

ご応募いただいた皆様、ありがとうございます!

早速、ワキサカップ2020のエントリー動画をご紹介していきます!

エントリーNo.1

エントリーNo.2

動画公開の確認待ちです。

エントリーNo.3

エントリーNo.4

エントリーNo.5

以上の5名がエントリーされました。

3月中に審査をします。

結果発表はもうしばらくお待ちください。

ワキサカップ2020開催

マジック動画コンテストを開催します。

題して

「ワキサカップ2020」

脇坂の独断と偏見で1位を決める、マジック動画コンテストです!

脇坂が未来を感じたを人を独断と偏見で1人選び、1万円までのマジック資料をお送りします。

応募要項

①対象
マジック動画を撮影し、メールや動画ファイルの送受信ができること。
マジック資料の郵送などに関して、個人情報を脇坂に開示できること。
※お預かりした個人情報は本コンテストに必要な範囲でのみ使用し、本コンテスト終了後適切に廃棄します。

②応募方法
2020年2月1日~29日中までに、メールアドレス「wakisacup@shota.site」まで「名前(ハンドルネームや芸名でも可)」「欲しいマジックの資料(本体価格1万円以内なら複数可)」「なぜその資料が必要なのか(できるだけ細かく)」の項目を明記して、動画ファイルを添付または、動画ファイルをダウンロードできるURLを添付してメールを送ってください。
※お預かりした動画ファイルは本コンテスト終了後に削除いたしますので、元データはご自身で保管願います。

③選考期間
2020年3月1日~31日までサイトにて公開を予定しています。
選考期間最終日に1位を発表します。

④マジック動画
応募できるのは、応募者本人がマジックを実演している動画のみです。
撮影の方法、マジックの種類、画角、観客の有無などは自由です。
ただし、マジック用品の開封動画、種明かし動画(マジックの演出上必要な場合は除く)、動画編集またはそれらに類することによって現象が起きているもの、その他マジックの実演以外の動画は受け付けません。
動画の最短時間は設定しませんが、最長は10分以内とします(場面の暗転など、直接実演に関わらない部分は考慮します)。

⑤動画ファイルの形式
動画は可能な限り対応しますが、動画形式はmp4(H.264,MPGE-4/ACC,mp3)で、画質は 1920×1080 まで、フレームレートは30fpsまででお願いします。

⑥選考基準
基本的には独断と偏見で決めますが、マジック界の未来を感じられることを重要視します。
単純なテクニックの上手さではなく、今後マジック界の中で活躍しそうか、意義あることにトライしているか、もっと成長した姿を見たいかなどで判断します。

⑦マジック資料
1位に選ばれた人には、本体価格1万円までのマジックに関する資料をお送りします。
価格は定価で計算します(セール品などで価格が下がっていても、定価で計算します)。
書籍、レクチャーノート、DVDなどで、日本国内でネット通販のできるマジックショップで一般販売されているものとします。
絶版品、オークションで入手するもの、海外ショップで購入するもの、デック、コイン、マジック用品(ギミックなど)などは不可とします。
また、マジックショップの通販を利用するため、ショップから直接ご自宅へ郵送をお願いする場合もあります(その時は、事前にご相談します)。
送料、消費税はこちらが負担します。

⑧その他
上記以外に何か問題が起きた場合などは、改めて検討し、項目を追加します。
質問などは「wakisacup@shota.site」までメールをお送りください。

本コンテストは、若手育成のために何かできないか?と考え、単純にお金を出すだけなのも良くないかも…という思いから始まっています。
至らない点も多々あるとは思いますが、温かい目で見ていただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

リカバリーの重要性

コンテストに限らず、マジックを失敗してしまうことがあります。

マジックを失敗したとき、即座に別のマジックにつなげたりするなど、リカバリーをすることがあります。

カード当てのマジックで当てるべきカードを間違えたとき、間違えたカードにおまじないをして、観客の選んだカードに変化させてしまうというマジックに変更した経験があることでしょう。

慣れた場所でさえ失敗することがあるので、経験が少なく慣れていない、しかも緊張感のあるコンテストで失敗することは仕方のないことかもしれません。

それでも、ミスを減らす努力は必要です。

まずは、練習中に失敗しても、そこで演技を止めずに、最後まで演技を通すようにしましょう。

これでリカバリーの練習ができます。

リカバリーは初めから想定しておくことは難しいです。

意図しないことが起きるから失敗につながることも多いです。

手順中の個々のテクニック、パート練習をした後、演技の通し練習をします。

それぞれの練習の目的は違うので、それぞれの練習が必要です。

個々のテクニックだけ練習しててもダメですし、通し練習だけするのも効率が悪いです。

目的意識をしっかり持って練習することが大事です。

通し練習で失敗した箇所から、手順中の注意ポイントを見つけたり、リカバリー用のアウト(演技で失敗したとき用の手順)を見つけることができます。

それに加えて、失敗してもどうにか演技が続けることができる、と思っていると緊張感が和らぎます。

その結果本番の演技でのミスが減ります。

失敗は許されない、失敗は取り返しがつかないと思うと、余計にプレッシャーがかかります。

リスクヘッジと言ったりしますが、失敗してもカバーできるように用意しておくことが重要です。

ちなみにコンテスト以外で、普段マジックを観客に見せるときは、失敗したらすぐに流して別のマジックをするという解決策もあります。

コンテストの場でそれを採用するとマイナスに作用することが多いように思いますが、何もせずに失敗したままボーっとしてしまうよりはいいでしょう。

前回「人前で練習する

人前で練習する

コンテストの手順を練習するとき、一人で練習することが多いと思いますが、可能であれば人前で練習する時間も作りましょう。

マジックは見る人が居てこそ成立します。

観客がどういう反応をするのか、わかりにくい部分は無かったか、タネが露見した部分は無かったかなど、実際に人前で演じてみなければわからないこともあります。

本番を想定した練習というものは、コンテストを受ける上で需要です。

試験やスポーツでも「模擬試験」「練習試合」など、本番を想定して練習します。

それと同じことです。

いわゆる「場慣れ」というものです。

「ライブ感」と言ったりしますが、観客と一緒にマジックを作り上げていく感覚を鍛えると、コンテストの評価も上がります。

観客を盛り上げるにはどうしたらいいのか、より現象を伝えるにはどういう工夫が必要かなども見えてきます。

また、三人寄れば文殊の知恵という言葉もあります。

マジック仲間に手順を見せることで、新しいアイディアが出ることもあります。

悲しいことですが、アイディアの盗用もあったりするので、アイディア出しの段階では信頼できる人にしか見せないなどの注意が必要な時もあります。

それでも、人前で練習した経験というのは大きなアドバンテージになるので、可能な限り本番の様子を想定して練習する時間を作るといいでしょう。

前回「台本を読んでいる感を出さない

次回「リカバリーの重要性

台本を読んでいる感を出さない

台本を作ることの重要性は理解しているでしょうが、実際の演技中は台本を読んでいる感を出さないように気を付けましょう。

棒読みはもちろんですが、セリフに抑揚がなかったり、観客を置き去りにするような演技では、マジックが観客に伝わりません。

コンテストは独特の緊張感がありますから、自然な口調でセリフが言えないこともあるかもしれません。

それでも、マジックには観客がいるということは、しっかり意識しておきましょう。

演技を見ている人が居て初めてマジックとして成立します。

観測者が居ないと事象が起きていないのと同じです。

一人だと単なるパズルです。

台本を読んでいるだけの演技というのは、観客が積極的にマジックにのめり込もうとする意識を削ってしまいます。

演者自身にその気はなくても、台本をただ読んでいるだけのように感じると、演技が手を抜いているように見えてしまいます。

特に評価をしなければいけないコンテストでは、一生懸命に演技している人の方が観客の反応も大きくなり、観客の反応が大きい方が評価も高くなります。

同じセリフを「喜」「怒」「哀」「楽」の感情に合わせて言う練習をするといいようです。

そうすると、 しゃべり方のバリエーションも増え、 感情の表現に幅ができて、台本を読んでいる感は減ってくるようです。

前回「専門用語を使わない

次回「人前で練習する

専門用語を使わない

マジックに限ったことではないですが、何かを説明するときに専門用語を使わずに説明しないと、聞いている人は理解するのに苦労します。

マジックでよく言われるのは「デック」ではなく「トランプ」と言い換える、などです。

説明の内容そのものを理解してもらうことが目的なので、聞いている人に不要な労力をかけずに説明する方が効率的です。

知らないことを理解しようとするとき、すごく大きな負担がかかります。

新しく数学の公式を学習したときのことを思い出してもらうとわかりやすいでしょうか。

マジックにおいて、何かを説明するときの工夫はいろいろあります。

たくさんのマジシャンが、それぞれに工夫していることがあるので、そういう部分に注目して演技を見ると、また違って見えるかもしれません。

こういう部分の修正をしやすくするのも、セリフの台本を作ることです。

またそれに加えて、観客の動作も細かく分けていく方がよいでしょう。

一組のトランプの束から、一枚を選び、マークと数字を覚え、それを一組の中に戻し、行方が分からなくなるように一組のトランプを混ぜるということをお願いするとき、それぞれの動作で区切り、それぞれの動作の前にどんなことをしてほしいのかを説明します。

できるなら、観客の中でイメージがわきやすいように、実際に動作をやってみせるとよいでしょう。

山本五十六は「やって見せ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ」という言葉を残しています。
※これには続きがありますが、ここでは割愛します。

教育や人材育成の言葉として残っていますが、マジックの中でも同じようなことが言えます。

知らないことは、何が正解なのかがわかりません。

まずは正解の動きを観客に示し、実際にやってみせてから観客に操作をしてもらう。

そうすると、観客の中での認識と、演者の中での認識のズレが少なくなっていき、意図しないミスが減ります。

演者は引いたトランプを、誰にも見せずに、裏向きでテーブルに置いてほしかったのに、観客が一枚引いた瞬間に表向きにされてしまった、ということはよく起こります。

観客はいじわるのつもりはなく、単に勘違いしただけだったのですが、そのマジックの演技の空気感は心地よいものではなくなります。

タネの関係上、どうしてもリカバリーがきかないときもあります。

観客が理解しやすいこと、演者と観客の理解の差がなくなるようにすることに注意しましょう。

前回「セリフの台本を作る

次回「台本を読んでいる感を出さない

セリフの台本を作る

恐らくこれは、かなりの回数言われてきたと思います。

ということは、それだけできていない人が多いということです。

実際、コンテストに出たことのある人の中で、やったことのある人は少数派だと思います。

そして、その少数派が上位を占めていたりもします。

つまり、重要だということです。

様々な意見はあると思いますが、審査員の感情的には「四の五の言わずにセリフ台本作れ」ということだと思います。

それはなぜか。

コンテストの演技中というのはかなり緊張します。

緊張すると普段できていたことがスムーズにできなかったり、余計なことをしてしまったりします。

この余計なことをするというのが曲者で、演技中に余計な一言を言ってしまいがちです。

余計な一言を言ってしまったことに動揺して、さらに意味の通らなかったり、文法の間違ったセリフを言ってしまったりします。

それを回避するには、セリフの台本を作ることです。

台本を作るときに、しっかりとしたセリフを用意しておくと、それだけで演技の安定感が上がります。

用意がしっかりしてあると、緊張感が減りますし、演技中に余計な労力を使わなくて済みます。

さらに、準備段階で、意味の通らない部分や、文法のおかしな部分を修正することができます。

観客が勘違いしそうな表現の修正や、明確に現象を伝えるための言葉選びも時間をかけて行うことができます。

日本語の演技は言葉の選び方が難しいです。

日本語という言語が難しいことも原因の一つです。

丁寧語、尊敬語、謙譲語などが難しさの典型です。

それに加えて、同一の意味を持った言葉が複数存在したりもします。

一人称だけでも「私」「僕」「俺」などなど様々です。

しかもそれを演技に合わせて使い分けなければなりません。

ちなみにコンテストにおいては、演出的状必要がないならば「私」を選んでおく方がよいです。

「僕」というのは「下僕」から来ているから、コンテストの場ではそぐわないということです。

ただし、これも演技の演出によって変わるので、表現したいことが優先されます。

シンデレラストーリーのようなものを表現しようとした場合、意図的に「僕」を使うことは必要でしょうし、「僕」「ボク」でも表現する意味合いが違ってくるでしょう。

コンテストに限らず「私」と呼ぶほうが丁寧だ、とする考え方も一般的だと思います。

自分自身を呼ぶたった一文字でさえ、考えることは多いので、セリフの台本を作り、より演技を深める方が評価も上がります。

思っているほど労力もかかりません。

今はスマホのカメラでも十分きれいな映像が撮れるようになりました。

スマホで、自分の演技を確認して、マジックのタネや現象だけでなく、セリフにも注目してみましょう。

前回「ネクタイの曲がりは甘さ

次回「専門用語を使わない

ネクタイの曲がりは甘さ

とある演技者のフィードバックの中で、衣装のネクタイが曲がっていたという指摘を受けていました。

このネクタイが曲がっているというのは演技に対する「甘え」です。

もし仮に、演技中にネクタイに現象が起こる手順を組んでいたとしたら、出番前にネタのチェックをして、ネクタイが曲がっていることに気が付けたでしょう。

ということは、衣装のゆがみを見逃したことになります。

コンテストなので、独特の緊張感もありますし、慣れない環境に戸惑い、細かな部分が抜け落ちてしまうことは多々あります。

逆に、だからこそ、落とさなくてもよい部分で点を落とすのはもったいないです。

このときはたまたまネクタイでしたが、出番前にネタのチェックだけでなく、衣装や髪の毛などもチェックする習慣をつけておきましょう。

ただし、ネクタイが曲がっていることが演技の演出上必要な場合、ネクタイが演出に沿うような状態になっているかをチェックしましょう。

自堕落なマジシャンを表現するときに、キチッとネクタイが締められていたのではちぐはぐになります。

ここではネクタイを例に取り上げていますが、ネクタイに限らず衣装のチェックは演技の内容に合わせて、最適な状態になっているかを確認するということです。

コンテストは優劣をつける必要があり、減点されるポイントは見逃されにくいです。

「神は細部に宿る」という言葉があります。

点の取りこぼしの無いように気をつけましょう。

前回「観客の労力は少なくする

次回「セリフの台本を作る

観客の労力は少なくする

クロースアップマジックは特にそうですが、観客にマジックのお手伝いをお願いすることがあります。

例えば、カードを引いて覚えてもらったり、道具に怪しい点がないか改めたり、状況を確認してもらったりといろいろと作業があります。

観客が、その操作をすることに一生懸命になりすぎると、マジックの現象を見逃したり、不思議な点を理解できなくなったりしてしまいます。

マークと数字をずっと覚えながら、演者の細かな操作を見て、状況を理解するというのは難しいものです。

マジシャンは、そういう状況に慣れていますから、それほど苦も無く現象を理解することができますが、それもこれまでの訓練のおかげです。

たまに、マジシャンの中にもカードを忘れたりする人もいますけどね。

これは、どうせ当たるから覚えておかなくてもいいや、という考えがあったりするのですが、たまに失敗したと見せかけてどんでん返しをするサカートリックの時に困ったりします。

覚えたカードの数字の分だけ配ると出てきたりするので、忘れられるとただ失敗したところで終わってしまったりもします。

訓練されたマジシャンでさえ、忘れる状況があるので、マジックを見慣れない人はなおさらです。

観客の労力は必要最小限にとどめて、できるだけ現象にのめり込めるように誘導しましょう。

前回のブログでも少し触れました、操作だけでなく、心理的負担も減らせるようにしましょう。

よくある場面だと、複数回カードを当てるような手順で、その都度カードを選びなおしたり、コレクターのような現象で、一度に複数枚のカードを覚えなきゃいけない状況があったり、現象を組み合わせすぎて、複雑になりすぎたりといったものがあります。

カードを複数枚当てる手順なら、サインを書かせたり、同じ数字のカードばかりを取り出す手順にするなどの工夫が必要です。

別のところでも書きますが、不思議さのポイントがどこにあるのかを理解して手順を組むようにしましょう。

観客に不要な労力をかけずに、クリアーに現象を伝え、演技にのめり込んでもらえるようにしましょう。

前回「口に入れるものは観客に渡さない

次回「ネクタイの曲がりは甘さ